2009年11月05日

いびきとマウスピース

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、状態によって治療方法が違います。
睡眠時無呼吸症候群と診断されても、適切な治療を受ければ治る病気ですので、怖がる心配はありません。

軽度の無呼吸の場合や、いびきを止めたいだけという場合に用いられるのがマウスピースです。
治療にマウスピースが必要と医師に診断された場合には、保険が適用されます。
費用は保険適用で1万円前後です。
歯科でその人に顎の骨格に合ったマウスピースを作ってもらいます。
鼻に疾患がある、歯が抜けている場合には、マウスピース装着はできません。
マウスピースを装着する場合には、まず鼻の疾患を治す必要があります。
肥満が原因の人や顎関節症の人、骨格が変化する成長期の子どもも利用できません。

マウスピースを付けると前顎が数ミリ前に出て、咽頭部を広げます。
舌が下に落ちても、気道が塞がりません。
そのため、空気の通りがよくなって呼吸が楽になり、いびきも改善される仕組みです。

また、マウスピースは口を開けて眠る癖のある人が使うと口呼吸を直すことができます。

慣れない間はマウスピースを付けて眠ると違和感があると思いますが、時間とともに慣れていきます。
マウスピースをつけて呼吸が楽になると、ぐっすり眠れるようになり体調も良くなります。
これまで、どれだけいびきや無呼吸で体に負担をかけていたかがよくわかるはずです。

いびきが気になる人は、怖がらずに適切な治療を受けて健康な毎日を送るよう心がけてください。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132092074

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。