2009年11月05日

CPAP(シーパップ)療法

現在、大きないびきや無呼吸が特徴である睡眠時無呼吸症候群の治療において世界的に広く利用されているのが、CPAP(シーパップ=軽鼻的持続陽圧呼吸療法装置)です。
CPAPでの治療は、中度から重度の睡眠時無呼吸症候群の患者に大きな効果があります。
このCPAPでの治療では手術や薬は必要ありません。
酸素マスクのような機器を装着するだけです。
CPAPを使って鼻から室内の空気を送り込み、その空気の圧力によって気道を広げることで呼吸を楽にします。
気道を広げることで空気の通りがスムーズになり、ぐっすりと眠ることができて、いびきも軽減されます。

CPAPを使用するためには、鼻から送り込む空気の量の調節のためCPAPを使用して再度終夜睡眠ポリグラフィー(PSG検査)を受ける必要があります。
CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群の中度以上の人には保険が適用されます。

CPAPを付けて眠ると呼吸が楽になるため、いびきが減るだけではなく、ぐっすり眠れるので日中眠くなることがなくなり事故の危険も防止できます。
そして深く眠れるので朝起きても疲れが残らなくなり、生き生きと毎日を送ることができます。
無呼吸や低呼吸が原因で起こっていた高血圧も収まる場合もあります。

毎日の装着がわずらわしいと思う人もいますが、ぐっすりと眠ることは自分自身のためだけでなく、家族のためでもあります。
装着を止めてしまうと、睡眠時無呼吸症候群の症状が戻ってしまいます。
旅行先にも持ち運んで快適な睡眠をとるように心がけてください。
この治療を続けながら、ダイエットして気道の脂肪を落として気道を広げるなどの努力を行うことも必要です。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。