2009年11月05日

CPAP装着の注意点

CPAPは装着することによって睡眠時無呼吸症候群を持つ人には、いびきが軽減する、ぐっすり眠れるといった大きな効果がある治療の方法です。
また、呼吸が楽になることで、これまで気道が狭くて心臓に負担がかかっていたために起こっていた高血圧などの症状も軽くなることが期待できます。
このようにCPAPは、いびきを治すだけでなく体全体の機能を良好にする治療の方法です。

しかしCPAPは酸素マスクのような装置を毎晩取り付けて寝なければならないので、毎日のこととなると面倒になって装着しなくなってしまう人もいます。
疲れて装着しないまま眠ってしまう場合もあります。
酸素マスクのような装置を付けるので圧迫に違和感を覚えたり、マスクの跡が残る人もいます。
また、ヘッドギアがしっかり固定しておかないと空気が抜けて効果がなくなります。
使い始めてからもいびきや無呼吸が収まらない場合には、再度CPAPの調整が必要となります。

寝ている間にCPAPを無意識にはずしてしまうこともあります。
そのような場合も、必ず医師に相談して対応を考えてください。

CPAPは鼻から空気を送り出す装置ですので、寝ている間に大量の空気を吸い込んでおなかが張ったり、げっぷがでる人もいます。
これは慣れも関係しますが、空気を送り出す圧力の調整も行えますので、医師と相談してください。

CPAPは長期間使用するものです。
しかし、CPAPを使用しながら肥満を解消することでCPAPの装着をなくすこともできます。
CPAPの装着を勝手に止めてしまうと、収まった高血圧などの症状がまた出てくることになります。
医師と相談しながらCPAPを使用して快適な睡眠と生活を得る努力が必要なのです。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。