2009年11月05日

睡眠時無呼吸症候群が原因で起こる事故

2003年2月、山陽新幹線「ひかり」で運転手の居眠り運転による、岡山駅での緊急停止が起こりました。
居眠り運転のまま約8分間走行してATC(自動停止装置)により緊急停車し、幸い、乗客に被害はありませんでした。
この運転士は睡眠時無呼吸症候群の疑いのあるということで、この事故をきっかけに睡眠時無呼吸症候群ということばが広く知られるようになりました。

2004年には全日空の機長が居眠りしたまま操縦するという事故がありました。
自動操縦で運行に支障はなく、乗客には被害はありませんでしたが、ひとつ間違えると大惨事を引き起こしかねない事故でした。

2008年には、名古屋で赤信号を無視したトレーラーによって男性がはねられ死亡する事故が起きました。
この運転手もまた、睡眠時無呼吸症候群の可能性のあることが判明しています。

これ以外にも、スリーマイル原発事故、チェルノブイリ原発事故、スペースシャトルの爆発事故も睡眠時無呼吸症候群が原因という可能性も指摘されています。
睡眠時無呼吸症候群のよる日中の強い眠気は恐ろしい事故を引き起こす可能性を持っているのです。
睡眠時無呼吸症候群を持つ人の交通事故を起こす可能性は、一般の人の2倍以上だと言われています。
重大な事故を起こして、あなたや家族、友人そして無関係な人の命を奪ってしまうことがないように睡眠時無呼吸症候群をしっかり治療することが必要なのです。

睡眠時無呼吸症候群の治療は単にいびきを治療するだけではありません。
大切な人の命をも守るためにもいびきに気付いたら適切な治療をしてください。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。