2009年11月05日

いびきの薬

いびきを防止するための市販薬が販売されています。
日本ではじめてのいびき薬、エスエス製薬のアンスノールは鼻孔に数滴たらすことによって粘膜を潤します。
これによって、鼻呼吸をうながし口呼吸を減らしていびきを防止するのです。
アンスノールは医薬部外品です。
旅行先にも携帯できるよう、5mlと10ml、そして家庭で使うための30mlの3種類が発売されています。
様々なドラッグストアやネット通販で販売されています。

アレルギー体質の人や病院に通っている人は、この薬を服用しようとする場合には医師との相談が必要です。

アンスノールは医薬品ではなく医薬部外品であり、いびきの治療薬ではありません。
症状を軽減する効果を期待できますが、使い続けていびきが治るという性格のものでないことを知っておきましょう。
いびきが治らない場合、一定期間使い続けても効果がない場合は、必ず病院に行って治療を受けましょう。

残念ながら、いびきそのものを治療する薬はありません。
しかし、いびきの原因になる鼻炎などを薬で治療して、いびきが収まるということはあります。
いびきの原因をしっかり取り除き、呼吸を楽にして健康な身体を取り戻すことが適切ないびきの治療となるのです。

いびきで病院に行くのは恥ずかしいと感じるかもしれません。
しかし、いびきを治療することはこれから先起こるかもしれない病気を防止できる可能性を持っています。
いびきであっても体に対する影響を重く受け止めて行動を起こすことが大切なのです。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。