2009年11月05日

いびきの原因となる薬

いびきは喉の筋肉が弛緩するアルコール飲酒でも起こりますし、加齢によっても筋力が弱まっていびきをかく原因になります。
いびきは、ある種の薬を服用することによっても起こります。

いびきは睡眠薬や精神安定剤を服用することによっても起こります。
これらの薬は筋肉を弛緩させるので、アルコール飲酒でいびきが起こるのと同じ原因でいびきが起こります。

しかし、睡眠薬や精神安定剤は医師の処方によって服用しています。
これらの薬は理由があって治療の一環として服用しているので、いびきの原因になるからと勝手に服用をストップしてはいけません。
睡眠薬や精神安定剤に限らず、薬の服用は薬がこれだけ必要だと考えて処方されています。
それゆえに勝手に薬を止めるとかえって体に深刻な影響を与えてしまいます。
いびきよりも、現在服用している薬を飲むことが大切だという場合もあります。
不眠症などの人には睡眠薬は必要です。
薬がいびきの原因だと考えられる時は、必ず医師と相談してこれからの薬の服用を考えてください。
ただし、睡眠薬を飲みすぎていびきをかくというのは危険です。
必ず決められた量を服用してください。
そして日頃の生活習慣を規則正しくして薬を服用しなくてもよい状態を作り出すように努力しましょう。
そうすれば、薬に頼らない健康な体をつくり、体重もおとしていびきも治るという可能性もあるのです。
自分勝手な療法を取らず、必ず医師と相談して治療の方法を決めることが重要です。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132092088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。