2009年11月05日

いびきとマウスピース

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、状態によって治療方法が違います。
睡眠時無呼吸症候群と診断されても、適切な治療を受ければ治る病気ですので、怖がる心配はありません。

軽度の無呼吸の場合や、いびきを止めたいだけという場合に用いられるのがマウスピースです。
治療にマウスピースが必要と医師に診断された場合には、保険が適用されます。
費用は保険適用で1万円前後です。
歯科でその人に顎の骨格に合ったマウスピースを作ってもらいます。
鼻に疾患がある、歯が抜けている場合には、マウスピース装着はできません。
マウスピースを装着する場合には、まず鼻の疾患を治す必要があります。
肥満が原因の人や顎関節症の人、骨格が変化する成長期の子どもも利用できません。

マウスピースを付けると前顎が数ミリ前に出て、咽頭部を広げます。
舌が下に落ちても、気道が塞がりません。
そのため、空気の通りがよくなって呼吸が楽になり、いびきも改善される仕組みです。

また、マウスピースは口を開けて眠る癖のある人が使うと口呼吸を直すことができます。

慣れない間はマウスピースを付けて眠ると違和感があると思いますが、時間とともに慣れていきます。
マウスピースをつけて呼吸が楽になると、ぐっすり眠れるようになり体調も良くなります。
これまで、どれだけいびきや無呼吸で体に負担をかけていたかがよくわかるはずです。

いびきが気になる人は、怖がらずに適切な治療を受けて健康な毎日を送るよう心がけてください。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日中眠くなる病気

睡眠時無呼吸症候群は、いびきの音が大きいと同時に無呼吸状態が何度も続くためぐっすりと眠れず、日中に突然眠気に襲われることのある要注意の病気です。
慢性的ないびきが続く場合や日中の眠気に悩まされる場合、この病気を疑う必要があります。
睡眠時無呼吸症候群は車や電車などの居眠り運転の事故を引き起こし、ニュースで報道されているのでご存知の方も多いでしょう。
睡眠時無呼吸症候群の人は適切な治療が早急に必要です。
しかし、日中眠くなる病気は睡眠時無呼吸症候群だけではありません。
日中睡魔に襲われる病気には下記のものがあります。

・ナプコレプシー
居眠り病とも言われる、日中に急に睡魔に襲われる病気です。
食事をしながら、話をしながらでも眠ってしまう人もいます。
大笑いするなど興奮状態の際、体の筋肉が突然脱力状態になる症状を持つ患者もいます。
寝入りばなに頻繁に幻覚を見る人もいます。

・むずむず脚(レストレス・レッグズ)症候群
夜、眠ろうと体を横にすると脚がむずむずして眠れない病気です。
ひざから下の部分、特にふくらはぎに不快なむずむず感があり、この不快感によって眠ることができず睡眠不足となります。
そのため、日中眠くなってしまうのです。

・概日リズム睡眠障害
睡眠覚醒リズム障害とも言われます。
深夜勤務や海外旅行などのよる時差などが体内時計が狂い、夜ではなく昼間に眠くなってしまいます。
体内時計では夜の状態で活動しなくてはならないので、頭痛が起こったり身体の調子が悪くなります。

このように、睡眠時無呼吸症候群以外にも昼間眠くなる病気は様々なものがあります。
夜ぐっすり眠れないのも、日中眠くて生き生きと過ごせないのも辛いものです。
日中の眠気に悩まされている人は適切な治療を受けて、正常な睡眠と健康を取り戻してください。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終夜睡眠ポリグラフィーとは

いびきがうるさいだけでなく、眠っている時に何度も無呼吸になる場合、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
睡眠時無呼吸症候群であるかどうか、他の睡眠障害が有無などを調べるための検査が終夜睡眠ポリグラフィーです。

この検査は一晩中の睡眠中の状態を測定するので、病院で1泊の入院が必要です。
入院といっても、病院に来て夜眠るだけですので決して怖い検査ではありません。

検査で測定するのは、脳波、心電図、眼球運動、口・鼻の呼吸の気流、胸の動き、脚の動き、いびきの有無・程度、動脈血中の酸素飽和度、寝ている向き、などです。
これらを測定して、眠りの質や無呼吸・低呼吸状態の有無、血中の酸素濃度の状態を知り、他の睡眠障害の可能性の有無などがわかります。

測定には検査用のセンサーを付けて眠ります。
まぶた、鼻、顎、胸、脚などにセンサーを、口元にはマイクを取り付けて普段と同じように眠るだけです。
眠っている間は医師などが観察していますが、検査される本人はただ眠っていれば良いのです。

夕方入院して翌朝退院できるので、仕事を持っている人も安心して検査できます。
夜間の仕事に従事している人はその旨を伝えると対処してもらえる病院もあります。

終夜睡眠ポリグラフィーの費用は病院によって違いますが、3割負担で25,000円前後くらいです。
個室利用の場合は部屋の利用料が別にかかる場合もありますので、費用は前もって尋ねておきましょう。

この検査によってどのような治療が必要なのかがわかります。
検査によって、治療方針が決定したら、しっかり治療して生活や睡眠を改善させるよう努力しましょう。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。