2009年11月05日

睡眠時無呼吸症候群の検査

いびきをかくだけでなく、無呼吸を伴う場合は日中眠くなって事故を起こす危険性があるなど、早急に改善が必要な状態です。
眠っている時に何度も呼吸が止まってしまう人は適切な治療のため睡眠中の状態をできるだけ正確に把握する必要があります。

診察の際は、いびきを録音したものや睡眠中の状態を撮影したビデオがあるとより正確な状態が医師に伝わります。
もし、一緒に暮らしている家族が診察時に同行できるようでしたら、家族が眠っている状態を具体的に説明することができます。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、睡眠時の状態をより正確に知るための検査を行います。

睡眠状態を測定するには、簡易終夜睡眠ポリグラフ検査と終夜睡眠ポリグラフィーがあります。
簡易終夜睡眠ポリグラフ検査は自宅で行えます。
機器を借りて自宅で装着して眠り、それを病院に返却して検査を行います。
この検査の数値によっては、精密検査を実施したり、すぐに治療を行います。

終夜睡眠ポリグラフィーは1泊の入院が必要な精密検査です。
体に様々なセンサーをつけて病院で眠り、睡眠中の呼吸・身体の状態のデータを集めます。
この検査によって睡眠時無呼吸症候群かどうか、睡眠時無呼吸症候群以外の疾患があるかを判断します。
睡眠時無呼吸症候群以外の疾患には、むずむず足症候群や上気道呼吸抵抗症候群などの睡眠障害があります。
睡眠時無呼吸症候群であっても、ひとりひとり状態によって治療の選択肢が変わってきます。
そのためには精密な検査が必要なのです。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いびきと鼻に関する病気

いびきの原因の1つに口呼吸があります。
口呼吸になってしまう原因はアレルギー鼻炎などがありますが、治療するといびきが収まる場合も多くあります。
鼻に関する病気にはどのようなものがあるでしょうか。

・アレルギー性鼻炎
アレルギーによってくしゃみが止まらない、透明な鼻水がでる、鼻づまりなどの症状が起こります。
スギやヒノキなどの花粉、埃や犬・猫などの毛、ダニ、食べ物のアレルギーなどが原因物質です。

・副鼻腔炎
蓄膿(ちくのう)症とも言います。
副鼻腔炎は4つある副鼻腔で起こる病気で、短期間の急性副鼻腔炎・長期間の慢性副鼻腔炎があります。
風邪などがきっかけで、副鼻腔に炎症が起こる病気です。
急性副鼻腔炎では、副鼻腔の炎症により痛みや腫れを引き起こします。
黄色や緑色の鼻水が出ることもあります。
慢性副鼻腔炎は副鼻腔炎の症状が8〜12週間と長く、原因はアレルギーやウイルス感染などです。

・鼻中隔弯曲症
鼻腔を左右に分けているしきりが鼻中隔です。
鼻中隔は普通多少曲がっているものですが、この曲がりが原因で鼻づまりになり、呼吸をさまたげるほど大きな場合を鼻中隔弯曲(わんきょく)症と言います。
この鼻中隔弯曲症が原因で慢性副鼻腔炎になる場合もあります。

鼻に関する病気を放っておくといびきの原因になるだけでなく、様々な病気も引き起こす可能性があります。
悪化させる前に適切な治療を受けましょう。
鼻の病気を完治させることで健康な毎日を過ごすことができるのです。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いびきの検査・診断方法

いびきをかく原因には肥満やアデノイドなど様々な原因があります。
この原因をつきとめることが、いびきの治療を開始するために必要です。
いびきの治療の前にはどのような検査・診断が行われるのでしょうか。

いびきの原因は様々のものがあっても、いびきの音となる原因は上気道が狭くなることです。
そのため、上気道がどのような状態になっているのかを診察しなければなりません。
この上気道の状態によって、内科や歯科、耳鼻咽喉科など、どの科の治療が必要なのかが判断されます。
例えば、アデノイドが腫れているのか、扁桃腺が腫れているのか、舌が大きいのか、太っているからなのか、など違いによって治療も違ってくるのです。

いびきの検査・診断には下記のようなものがあります。

・ファイバー検査
上気道がどれだけ塞がっているのかを視診やファイバースコープで検査します。
鼻からファイバーを通して上気道の疾患の有無を検査します。

・画像診断
頭部X線(セファログラフィー)、CT、MRIなどの画像を用いて診断します。
上下の顎の位置など、顔や喉の骨格の様子がよくわかります。

・鼻腔通気度検査
鼻づまりの度合いを調べます。

・肥満度チェック
肥満が疑われる場合には、BMIや体脂肪率の測定が行われます。

・睡眠検査
自宅で検査機器を用いて簡易検査を行います。

・終夜睡眠ポリグラフィー
睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合や他の睡眠障害がある場合に行われます。
一晩入院して検査機器をつけたまま眠り、そのデータを取って睡眠状態を測定します。
posted by いびき at 14:41 | TrackBack(0) | いびき 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。